最初の症状

私が最初の異変に気が付いたのは、2月2日の夜でした。
ペロが咳をしているのが気になりましたが、一時的なものでしたので深刻には思いませんでした。

次の日、2月3日。
ご飯が減っていない事に気が付きました。
ペロの様子を見ると元気の無いように見えます。
いつものように走らず、ゆっくりと歩いています。
トイレには行くのですが、ご飯は食べようとしません。
近くまで餌を持っていったら食べましたが、明らかに様子がおかしい感じでした。
抱っこしようと持ち上げると嫌がり、咳をしました。
いつもは丸くなったり、お腹を出して寝るのに、うつ伏せ状態で動きません。
この日は病院の休館日だったため翌日病院に連れて行くことに致しました。

2月4日
丸一日ほとんどご飯を食べていません。
水も飲んでいません。
呼吸が早く。苦しそうです。
16:00に予約を取り近くの病院へ。
(千葉県館山市)

レントゲン検査、血液検査の結果、リンパ腫とFeLV(猫白血病)と診断されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です