2016年2月4日のカルテ2

2月4日夕方19:00頃。

診断の結果があまりの重病だったため、どうしたら良いかわからなくなってしまいました。
先生も言葉を選びながら説明して下さったので、正直ハッキリとしたことがわからずに困惑しておりました。

結局、ペロの病気は治るのか、治らないのか。
寿命はどのくらいなのか。
抗がん剤治療は行うべきなのか。

動物病院の先生の立場から、下記の様な説明となることも十分に理解できます。

抗がん剤治療は金額的にも高いため、完治することができない病気の猫に対して、
どこまでの治療を行うべきかは、飼い主さんの判断になる事。
また治療を行っても効果が得られない場合もあるし、副作用などの影響で逆に苦しませてしまう事も、命を奪う結果になることも考えられるという事。

しかしながら、まったく知識の無い人間にとってこのジャッジは大変難しく、
お金のことはなんとかなるし、命に代えられないので、信用できる先生の判断で治療をして頂きたいと思うのが本音です。

私の場合は、兄が獣医師だったため、すぐに相談しました。
まず最初の回答はこうでした。

針をさしていたか?

専門的な言葉だったので良くわかりませんでしたが、
レントゲンと血液の検査だけだったので、さしていなかったと思います。
※後から、針をさしていたか?=肺にたまった水(胸水)を抜いて確認したか?という意味であることがわかりました。

先生の診断を疑ったわけでは無いのですが、リンパ腫の発症は通常2~3才の猫に多いため、兄の最初の印象は生後8ヶ月での発症は早すぎる!というものでした。

都内にある兄の病院でもう一度見てくれるという事になり、急いで向かう事に致しました。
出発前に、呼吸を調べるように言われ、1分間あたりの呼吸回数を調べました。
43回でした。一般的な猫の平均値は20~30回との事で呼吸が早めでした。
移動中少しでも様子がおかしくなったら連絡するように言われ、急いで向かいました。

まず同様に、レントゲンをとった後、Echo検査、その後麻酔を打ち、肺に溜まった水(胸水)を摘出しました。胸水を調べた結果によって症状が確定されます。
検査結果は下記の通りです。

X線検査   胸水貯留、心前方に腫瘍
Echo検査   胸水(+)、心前方から側面に腫瘍
胸水検査   リンパ球多数(幼若)

上記の検査から、縦隔型悪性リンパ腫が確定致しました。

抗がん剤治療は、副作用もあり大変だが、このままの状態では、呼吸困難で死に至る可能性もあり、兄としては治療を行うべきとの判断でした。
生きていられる期間出来る限り病状が無く、今まで通りの生活をさせてあげたいという意見で私も同意致しました。

この日の深夜に一回目の抗がん剤治療を行い、帰宅。
副作用がでないか様子を見ることとなりました。

L・アスパラギナーゼ_400ku/kg
ロイニーゼ_1560ku
S.C_1.56ml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です