縦隔型悪性リンパ腫の発症

2016年2月4日 飼い猫のペロが縦隔型リンパ腫と診断されました。
生後約8ヶ月という若さです。
悪性リンパ腫の発病には、FeLV(猫白血病)がかかわっていると言われています。
ペロもFeLV(猫白血病)の陽性反応がでました。
もともと野生の猫ですので、おそらく母親から先天的に遺伝していたものと思われます。

現在の医療技術では、この病気を完全に治療することはできないそうです。
治療の方法は2つ

・抗がん剤による化学療法
※症状の緩和、延命、QOL(生きている期間の生活の質)を上げる

・ステロイドのみの治療
※対症療法、主要な症状の軽減

抗がん剤による治療は、症状が飛躍的に回復する事例がありますが一時的なもので、いずれは効力がなくなってくるそうです。
また、薬の副作用が出る事も多く危険も伴います。
どちらの治療を行っていくべきかは、先生と相談しながら、最終的には飼い主が決定しなければなりません。

重度のリンパ腫に発病した猫の平均寿命は、抗がん剤治療を行ったとして約4ヶ月。
2ヶ月の場合もあれば、6ヶ月の場合も1年の場合もあるそうです。
しかし、このまま何の治療も行わなければ、呼吸困難、食欲低下等の症状により、急速に病状が悪化し、死に至る危険性があります。

可愛そうですが、残りの人生を少しでも元気に生きてほしいので、
私は抗がん剤による治療を行うことに致しました。

このブログは、これからのペロの闘病生活とその記録を残しておきたいと思いはじめました。

また、私が一番元気づけられたのは、同じ病気と闘い発病から6年間生きた猫「琴ちゃん」のブログです。琴ちゃんは残念ながら別の病気が原因で亡くなられたようですが、リンパ腫の再発は無く、完治に成功している様子でした。

まだまだ、ペロにも同じような奇跡が起こるかもしれません。
今はペロの生命力を信じて出来る限りの事をしてあげられたらと思います。

 

6件のコメント

  1. はじめまして。
    今日は私の愛猫が縦隔型リンパ腫で亡くなった一周忌です。
    私の猫も抗がん剤治療をして寛かいしたものの再発、鼻に転移し、発覚から11ヵ月後に亡くなりました。
    抗がん剤のおかげで半年ほどは何の症状もなく元気で過ごさせることができ、
    また、飼い主にも覚悟を決めたり、恩返しをする時間をもらえて、抗がん剤治療をして本当によかったと思っています。
    私もネットでいろいろ検索しましたが、犬と同じUW25プロトコールを行った報告では、寛かい期間が驚くほど長い猫もいました。
    残念ながら、その情報を見つけたのが遅かったことと、ドキソルビシンで腎臓に影響がでてしまったのとで、うちの猫にはできませんでしたが。
    もしかしたらUW25なら今でも元気だったかもと思うことがあります。
    元論文は「縦隔型リンパ腫の猫10例」、山陽動物医療センターの症例報告です。
    どうか、ペロちゃんが良くなりますように。

    1. ウルーさん

      はじめまして。
      コメント頂きまして誠にありがとうございます。
      愛猫ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
      抗がん剤治療により日々元気になっていくペロを見ていると私も治療をしてよかったと思っております。
      なんの処置もしなければ、すぐに亡くなっていたかもしれません。
      治らない病気と知った時から、何とか方法はないものかと色々と調べております。
      このようなコメントは大変有難いです。
      嬉しい気持ちでいっぱいです。
      山陽動物医療センターの症例報告、詳しく調べてみます。
      こちらのブログのほうは日々更新を致します。
      更新が遅れてしまうことも多々ございますが、よろしければまた覗いて頂けましたら幸いです。
      少しでもペロの元気な姿を見せれたら良いと思っております。
      今後とも何卒よろしくお願い致します。

  2. ありがとうございます。ペロちゃん、治療が順調みたいでよかったですね。
    私が愛猫の闘病でわかったことは、薬より何より、飼い主の愛情が一番効くということです。
    「可愛いね、良い子だね、大好きだよ」っていっぱい声をかけながらいっぱい撫でてあげて、愛されて大事にされてるんだよと感じさせてあげるのが、一番良かったように思いました。

    1. ありがとうございます。
      仰る通りだと思います。
      たくさん愛情を注いであげたいと思います!

  3. こんにちは。
    私も先週土曜日に白血病、月曜日にリンパ腫発症の診断を受けた1歳11ヶ月の猫ちゃんと昨日から抗がん剤治療をはじめました。
    プロトコールUW25です!
    お互い奇跡を信じて頑張りましょう!
    今は一緒にいる時間をどれだけ楽しく過ごせるかを大切に思います。

    1. ひまわり様

      はじめまして、コメントの承認、御返事が遅くなりまして誠に申し訳ございません。
      大変嬉しいコメントをありがとうございます。
      愛猫ちゃんの幸せを心より願い、治療の成功をお祈りいたします。
      ペロも毎日頑張っております。
      今後とも何卒よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です