レベル5

1週間くらい色々とありましたが、更新が止まってしまいブログを見てくださっている方には大変申し訳ございませんでした。
今はまだブログを更新する時間がとれず、後日少しずつ過去の記事をアップしていきたいと思っておりますが、取り急ぎ現状報告をさせて頂きます。

ペロの状態が非常に悪く、只今レベル5という大変危険な状態にあります。
正直に治療困難な状態であると担当の先生にも言われました。
只今、自宅にて様子をみておりますが、ここ3日間くらいほとんど飲まず食わずの状態で、横になったまま動かない状態です。

ご飯を食べてほしい
元気になってほしい
という思いとは反対に
日に日に痩せていくペロを見ながら
何をしてあげたらよいかわからなくなってしまった気持を置いて
ただ時間だけが進んでいきます

あぁ、このままではダメだ。
自分だけでも元気にならなければ
と、心を入れ替えて
希望を捨てずに、祈りと
まずは体力
一生懸命ご飯を食べさせたいと思います。

今日は、ちょっと暗い内容で失礼致しました。

ペロ都会へ行く

来週仕事の出張ため館山を離れます。
ペロは3月7日から1週間ほど都内の実家で預かって頂く事になりました。
移動はペロにとっては長旅なので大変ですが、
またチャイと遊べるのはペロも嬉しいと思います。

ペロとチャイ2

首元の傷

2月26日(金)の治療が終わって、翌日土曜日の夜頃に気が付いたのですがペロの首の後あたりに外傷が!

傷1

外もあまり行っていなかったですし、突然現れたので驚きました。
毛がごっそり抜けて皮膚が赤く炎症を起こし、傷口から体液が出て湿っぽい感じになっておりました。

薬の副作用かと思い、すぐに兄に相談したところ、傷口の場所から推測するに治療した場所(注射した場所)ではないかとの判断でした。
とりあえず、赤みが引いてくれば問題ないとの事でしたので様子をみて、翌日担当の先生に連絡致しました。

傷2

病院で見て頂いた結果、兄の推測の通り皮下注射を打った場所でした。
おそらく、注射後の場所が痒くて後ろ足で引っかいてしまったのでしょう。
この場所は、エリザベスカラー(エリマキトカゲのような医療器具)を使ってもガードができないため自然回復を待つしかないとの事でした。
処置と致しましては、傷口のまわりの毛をバリカンで刈上げ、傷の部分との境目がわかるようにして頂きました。
傷口が広がっていったり何か変化に気づいたら連絡を、との事でした。

傷3

傷口が痛々しくて可哀想ですが、赤い腫れは1日で収まり、3日後くらいには体液もでなくなり、かさぶたのように皮膚が硬化してきました。
傷口が広がる様子もなく、大丈夫そうです。